スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「介護サービスの体制整備を」43%、5年で約10ポイント増―内閣府調査(医療介護CBニュース)

 内閣府はこのほど、「高齢者の日常生活に関する意識調査」の結果を発表した。それによると、介護サービスが必要な時に利用できる体制の整備を望む高齢者は全体の43.2%で、5年前の前回調査の33.8%から9.4ポイント増加した。

 介護サービスの体制整備は、社会全体が重点を置くべき対策として、「老後を安心して生活できるような収入の保障」(55.3%)に次いで多かった。

 また、将来の日常生活全般に不安を感じている高齢者は、10年前と比べて8.3ポイント増、5年前と比べて4.0ポイント増の71.9%だった。

 調査は高齢者の日常生活全般の実態を把握することを目的に、昨年10月22日から11月8日にかけて実施。対象は全国の60歳以上の男女5000人で、3501人から有効回答を得た。


【関連記事】
「介護保険の公費60%に」―市民団体が厚労相に要望書
介護サービスの選定支援制度、調査機関に全国初の行政処分―静岡県
認知症を地域で支えるための手引書を公表―東京都
男は「妻」、女は「プロ」に介護されたい─ヒューマが意識調査
顧客満足度、介護サービスが29業界中3位

悪質リース契約再燃 解約応じず、高齢者泣く(産経新聞)
春の珍事、津田塾大のイチョウの木にサクラ(読売新聞)
力士暴行死の元親方、2審は懲役5年に(読売新聞)
平沼氏ら、10日新党旗揚げへ=鳩山邦氏は参加見送り(時事通信)
西大寺 唐人官僚名ある墨書土器初出土 奈良(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。