スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独居老人男性の24%孤立際立つ 内閣府調査(産経新聞)

 1人暮らしの高齢者男性の4人に1人が病気などで困ったときに家事や仕事に関して頼れる人がなく、女性よりも社会的孤立が際だっている実態が、内閣府が22日に発表した「高齢者生活実態調査」で明らかになった。

 調査は今年2~3月に全国の60歳以上の5000人を対象に行われ、約3400人が回答した。

 「頼れる人がいない」と答えたのは全体の3・3%だったが、1人暮らし世帯に限ると男性が24・4%、女性は9・3%となり、男女差が如実に表れた。暮らし向きが苦しい人や未婚者などでこの割合が高くなる傾向にあった。

【関連記事】
単身世帯が平成32年に全都道府県でトップ 厚労省の将来推計 
独り暮らしのお年寄りを地域で守ろう!大阪・豊中で協力員制度開始へ
精神病床、増える認知症患者 不足する高齢者の“受け皿”
老老介護、誰もが苦しいけれど「前向きに」
介護疲れの果て、親族殺人の半数は「被害者が配偶者」

ウルドゥー語で日本のニュースを読む
null
クレジットカード現金化 比較
パチンコ攻略
無料携帯ホームページ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。