スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」の新ヤマト発進シーンだけは絶対に劇場で見てほしい

 1974年にTVに登場してから35年、日本を代表するアニメシリーズの一つとなった「宇宙戦艦ヤマト」が、実に26年ぶりに復活する。

 ここまで古いアニメになると、若い人の多くは「題名と主題歌しか知らない」という状態だと思うが、本作を鑑賞するための予備知識としてはそれで十分である。

 ・劇場用アニメーション映画「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」作品フォトギャラリー

 まずはあらすじから紹介しよう。

 西暦2220年、移動性の巨大ブラックホールの接近により、地球滅亡は決定的となっていた。この事態に、人類は地球を離れて他星へと移住することを決める。しかし第一次移民船団は航海の途中で謎の艦隊に攻撃を受け、責任者である古代雪と共に消息を絶ってしまった。古代進は、人類と妻を救うため、再び復活した宇宙戦艦ヤマトに乗り込むことになる――。

 実は「宇宙戦艦ヤマト」の続編は、これまでに何度か製作が予定されながらも諸般の事情により頓挫してきたという経緯がある。つまりこの「復活篇」は、それこそ本当に“満を持して”という言葉がぴったりな作品なのだ。

 だから余計に気合いが入って――というわけではないだろうが、ヤマトのスケールも大幅にパワーアップしており、なんとあの波動砲は6連射が可能になっているという仰天設定。もちろんハイリスクハイリターンなので、劇中ではこの6連波動砲がどこで使用されるのかということが一つの見所となる。26年ぶりの復活祭なのだから、これぐらいのインフレは大いに結構だ。

 登場人物はこれまでのシリーズでおなじみのメンバーに加え、古代進の娘や新ヤマトの若き乗務員たちが新たに登場する。キャラクターデザインは現代的にアレンジされているものの、基本的な画風は変わっていないため、旧シリーズのファンにとってもそれほど違和感はないだろう。なお佐渡酒造だけはアレンジの仕様がなかったのか、見た目がまったく変わっていないというのはご愛嬌である。

 ストーリーは一見すると“お子様にも安心”の王道バトルアニメだが、大人目線で見ると敵方の設定がなかなかに深い。ここで詳細を語ることはできないが、かなり露骨に現代の国際情勢をパロっているので、そのあたりに注目してみても面白いだろう。

 また個人的に本作で一番刮目して見ていただきたいのは、新ヤマトの発進シーンである。おそらくはスタッフが一番力を入れて製作したと思われるこの場面、 26年という長い時を吹き飛ばすのに十分な鳥肌モノの演出がなされており、1800円の映画代のうち、1200円分ぐらいはこの数分間のために支払う価値があると断言したい。

 他はともかく、このシーンだけはぜひ劇場のスクリーンと音響でご覧いただきたいと思う。

(C)2009 ヤマトスタジオ/「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」製作委員会

■ハリウッドチャンネル 最新シネマレビュー 一覧

■関連記事
ささきいさおがあの名曲を熱唱、劇場版アニメ「宇宙戦艦ヤマト」が発進!
これから大人になる、すべての若者に見てほしいアニメ「東のエデン 劇場版I」
人気コミック「トライガン」映画化、公開は来年4月24日に決定!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。