スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド洋補給活動「実力示すことができた」 15日撤収で海幕長(産経新聞)

 赤星慶治海上幕僚長は12日の記者会見で、今月15日で終了する海上自衛隊のインド洋での補給活動について「大きな事故もなく、海自艦艇部隊の実力を示すことができた。日米同盟の下で海自と米海軍の連携を維持、強化していく重要な活動だった」と評価した。

 その上で、「最後の1艦に補給するまで任務をせいせいと遂行してもらいたい」と指摘。撤収の影響については「高い政治的な決断でなされたもので、影響などは当然考慮の上決定されたと認識している。私からのコメントは差し控えたい」とこたえた。

【関連記事】
安保改定50年 自らリスク担う国家を 日米同盟の空洞化を避けよ
アフガン新戦略 日本は同盟協力再検討を
アフガン支援 湾岸の教訓を忘れたのか
アフガン情勢 同盟国の苦境強める日本
補給撤収代案で「海賊対処に転用案」が浮上

こんにちは赤ちゃん
私はカウンセラー、今日も休みなし
競馬情報
携帯ホームページ
無料携帯ホームページ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。