スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一括交付金「総論賛成・各論反対」省庁が大合唱(読売新聞)

 鳩山政権が地域主権改革の柱と位置づける、補助金の「一括交付金化」に各省が反発している。

 各省の副大臣らは政権交代前と同様の「総論賛成・各論反対」の大合唱で、夏の参院選までの策定を目指す地域主権戦略大綱の取りまとめは難航必至だ。

 一括交付金化は、使途を限定する地方自治体向けの「ひも付き補助金」を2011年度から使途が自由な「一括交付金」に改める取り組み。地方向け国庫補助金は10年度予算で、一部重複も含めて総額約21兆円、609本に上る。民主党は衆院選政権公約(マニフェスト)に「『ひも付き補助金』を廃止し、基本的に地方が自由に使える『一括交付金』として交付する」と明記した。

 これを具体化するため設置された政府の地域主権戦略会議(議長・鳩山首相)の作業班が18日などに行った10府省庁からのヒアリングで、副大臣や政務官は、一括交付金化の必要性は認めながら、所管する個別補助金の見直しには口々に反対した。

 「保育や介護などは、自治体の裁量に任せるより中央集権的な方法の方がなじむ」(厚生労働省・山井和則政務官)

 「社会資本整備は必要な地域に必要なタイミングで必要な額を配分する仕組みを確保すべきだ」(国土交通省・長安豊政務官)

 「温室効果ガス削減などの環境対策は国が後押しするため、一定のコントロールが必要だ」(環境省・大谷信盛政務官)

 こうした省庁の「ゼロ回答」について、作業班主査の神野直彦・関西学院大教授は「一括交付金化は政権公約にうたわれ、民主党の政策集にもある。簡単な作業ではないが、協力いただいて進めるしかない」と語る。

 戦略会議は31日にもヒアリング結果を踏まえて議論する。原口総務相は「中央主権をこのままやっておけばいいという話ではない。関係省庁とも連携してしっかり実現する」と意気込むが、政府内には早くも「首相のリーダーシップがなければ解決しない」との声が漏れている。

バス運転手、心臓発作か=児童らけが14人に-大阪府警(時事通信)
殺人 鉄工会社社長に複数の刺し傷 北九州(毎日新聞)
等々力渓谷2カ所に案内板(産経新聞)
米海兵隊、沖縄に必要=平野官房長官(時事通信)
<家賃100円>1DK1カ月限定で 大阪・千林商店街企画(毎日新聞)

執行部批判の閣僚らけん制=「与党議員たる認識甘い」-小沢民主幹事長(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は27日午後、福井市で開かれた連合福井との意見交換会であいさつし、同党の現状に関し「政権与党、責任政党の構成員たる議員という認識がまだ甘い。意識転換できていない面が国民の皆さんにいろいろと心配を掛けている」と述べ、執行部の党運営を批判する一部閣僚らの動きをけん制した。連合福井の馬場修一会長が「民主党が一枚岩になりきれていない」と苦言を呈したのを受けて発言した。
 これに先立ち、小沢氏は馬場氏と会談し、民主党への逆風が伝えられる夏の参院選情勢について、「民主党離れが極端に進んだわけではない。民主党に期待する部分はある」と述べ、巻き返しは可能との認識を示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<太陽の塔>黄金の顔の目、40年ぶり点灯 大阪・万博公園(毎日新聞)
<自民党>公明と溝、予算早期成立を許す 存在感示せず(毎日新聞)
両陛下が平等院ご訪問(産経新聞)
センバツ 「負けて恥」発言の開星監督、処分へ(毎日新聞)
群馬県が全国初の「高齢者居住安定確保計画」を策定(医療介護CBニュース)

<鳩山首相>海沿いのホテルで静養 夫人と千葉・鴨川へ(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は27日、静養のため幸夫人とともに千葉県鴨川市のリゾートホテルを1泊2日の予定で訪れた。外遊を除き、首相公邸以外に宿泊するのは、昨年10月の公邸引っ越し後初めて。同日午後2時に公用車で出発、途中で買い物をしてホテルに入った。

 首相は26日の記者会見で「辞めればよいという立場では決してない」と述べるなど、今後の政権運営に強い意欲を示した。週明け以降、米軍普天間飛行場移設問題で政府案の一本化や、郵政改革を巡る混乱の収束に取り組む予定で、海沿いのホテルで英気を養ったようだ。【朝日弘行】

【関連ニュース】
中国毒ギョーザ:「さらに究明を」首相が談話
中国毒ギョーザ:対日配慮か 首相相互訪問にらみ
郵政改革案:30日に閣僚懇談会で最終案 鳩山首相が表明
鳩山首相:普天間問題 県外移設に向け全力挙げる考え示す
鳩山首相:内閣支持率の下落傾向に強い危機感 記者会見で

大学生の生活費、2000年度より3割減(読売新聞)
機密費全面公開に否定的=「国益にプラスなのか」-平野官房長官(時事通信)
<広島市>議会が五輪関連予算全額削除の修正案可決(毎日新聞)
トキ、290キロ離れた福井に=放鳥以来最も遠く-環境省(時事通信)
<新千歳空港>国際線ターミナルが26日開業(毎日新聞)

首相、普天間問題「県外移設の道筋を考えたい」(産経新聞)

【鳩山会見詳報(3)】(26日午後)

 --普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先の政府案はひとつにまとめるのか。複数になるか。案は公表するか。また、全面的な県外移設なのか。どの程度の県外に移設すれば、沖縄の理解を得られると考えるか

 「まず、お答えをいたしたいと思います。普天間の基地の移設に関してのおたずねでございます。当然のことながら、最終的には政府案、ひとつにまとめなければ、交渉というものはうまくいかないと、そのように認識をしております。その交渉の前提の中で、さまざまな選択肢というもので、私たちは議論をしてまいりました。その中にはいくつかの選択肢があったことは事実でございますが、当然、私どもが政府案として米国や、あるいは日本、沖縄になるのか否かということはあろうかと思いますが、その地域でお願いを申し上げる、交渉をさせていただくというときに当然ながら、政府案としてひとつにまとまっていなければならないと、私はそのように考えておりまして、3月いっぱいをめどにしながら、政府案をまとめる努力を今、いたしているところでございます」

 「それから公表するかどうかということでございます。ご承知の通り、今でもすでにいろんな新聞報道などなされておりますが、必ずしも正確なものではありません。それを前提に私がご案内の通り、例えばこうなりますというようなことを申し上げたら、そのことに対するさまざまな、例えば米国からの交渉の難しさと、いろんな声が聞こえてくると思います。従いまして、ある一定のときには当然のことながら、公表をして国民の皆様方のご判断に委ねるというか、ご判断をしていただくということにもなろうと思いますが、ある一定の時間は当然、交渉ごとでありますだけに、機密性が守られなければ交渉も進められないというところも、あるいはあろうかと思っておりますから、そのところはご容赦いただきながら、しかし、当然、国民の皆様方にも、さまざまなご理解をいただかなければならないと思っております事案なだけに、ある一定のときには公表をいたします。あえて申し上げさせていただければ、今まで沖縄の皆様方にたいへん大きなご負担をしていただいてきた基地の問題でございます。これをぜひ全国の国民の皆様方にも、今までは沖縄に極めて過重な負担があったんだと、全国民の中でというか、全国のおれたちも、私たちも、そういったことも学んでいこうではないかというご理解の思いを示して頂ければ、たいへんありがたい、そのように思っております」

 「それから県外か、全面的に県外か、一定程度かといようなことでございます。恐縮ですが、そのことに関して今、答えを申し上げるわけにまいりませんが、特に沖縄の皆様方の過重な負担というものを考えたときには、極力、鳩山としては県外に移設をさせる道筋というものを考えたてまいりたいと思っているところでございます」

 --内閣支持率が低減している原因として、政治とカネが理由に挙げられ、政治的けじめをつけるべきとの批判がある。政策面では郵政改革で閣内が混乱するなど、首相の指導力の問題が指摘されている。批判の払拭(ふっしょく)のためにも、首相がこの際、リーダシップを発揮し、小沢一郎・民主党幹事長を含め、内閣や党の人事を一新する考えはあるか

 「今、私も冒頭申し上げましたように、政治とお金の問題、あるいは私自身の指導性の欠如ということが、国民の皆様方に『何やってんだ』と、『せっかく期待していたのに』という気持ちになっていることは、私も理解をしております。ただ、ご案内の通り、これも現在、予算案が上がったという直後でございます。むしろこれからさらに今の閣僚の皆さんにがんばっていただいて、その実績を関連法案などにも、しっかりと示していただくことが大事なときでございます」

【関連記事】
首相「東アジア共同体構想を現実に仕立てる」
首相「未熟ゆえに問題点。辛抱強くご指導を」
子ども手当法案成立 1人月額1万3000円
【ネット きょうの論点】国会議員のモラル
【正論】希望的観測では首相は務まらぬ
あれから、15年 地下鉄サリン事件

「事実誤認あるのでは」小林千代美氏、捜査に疑問(読売新聞)
ライターの規制導入確実に=作業部会で業界同意-経産省(時事通信)
<築地市場>豊洲移転暗礁に 都議会民主が用地削減案提出へ(毎日新聞)
「虚業集団」企業推理小説の清水一行さん死去(読売新聞)
イルカ漁は法令に基づく伝統的漁業 「ザ・コーブ」踏まえ政府が答弁書決定(産経新聞)

黄砂、九州から北海道にかけ観測(読売新聞)

 日本列島が強風に見舞われた21日、中国大陸から飛んでくる黄砂が、九州から北海道にかけて広範囲で観測された。

 気象庁によると、この影響で、同日午前9時現在、鹿児島市、奈良市、津市、静岡県御前崎市では、視界が2キロ未満まで低下している。視界が2キロに満たないと、小型航空機の運航に影響が出る可能性もある。

 このほか、大阪市や福岡市、高松市など、西日本を中心に視界が5キロ未満まで低下しており、洗濯物や車に砂の付着が目立つこともあるという。

 黄砂は同日午後にかけて更に広がる見込み。

交通事故隠ぺい看守処分=兄に身代わり頼む-加古川刑務所(時事通信)
浜松町駅で女性飛び込み 山手線全線で一時運転見合わせ(産経新聞)
元外務次官、元毎日記者ら証言へ=「密約」で参考人質疑-衆院委(時事通信)
普天間移設、日米外相会談で主要議題にならず 平野長官が指摘(産経新聞)
社民、参院選で保坂元衆院議員らの擁立を決定(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。